ヨリタ歯科・東大阪スマイル矯正歯科センター

矯正経験スタッフの声

矯正経験スタッフの矯正治療の感想を紹介しています

矯正経験スタッフの声を掲載します

クリップ
スタッフ
矯正を始めたきっかけ

装置をつけると、もちろん、痛みもあるし、
食べるものに制限があったり、普段より、
丁寧に歯磨きをしなければならなかったりして
不便なことも多いけれど、確実に歯並びはきれいになっていくので、 楽しみも大きかったです。

歯並びがきれいになると、歯磨きもしやすくなって、 むし歯にならなくなりました。

実際に矯正してどうだったか?

初めは、セパレートが痛くて
食事があまりできなくなってしまいました。

集中力も、欠けてしまうことがありましたが、
その痛みも、永くは続かず、徐々に楽になったので、
体調を崩すようなことはありませんでした。

矯正治療中の体調の変化

初めは、セパレートが痛くて
食事があまりできなくなってしまいました。

集中力も、欠けてしまうことがありましたが、
その痛みも、永くは続かず、徐々に楽になったので、
体調を崩すようなことはありませんでした。

装置をつけた後の周囲の変化

自分でやると決めて、矯正を始めたので、
家族はびっくりしていましたが、
友達は、私の歯並びの変化を一緒になって、
楽しみにしてくれていました。 

これから矯正を始める人へ

矯正を始めることは、勇気がいることだと思います。
でも、やって後悔することは、絶対にないはずです。

正しい咬み合わせは、健康な身体の基本となりますから、
矯正治療で見た目に美しく、健康になって頂きたいです。

クリップ
スタッフ
矯正を始めたきっかけ

幼少期より、前歯がかなりの出っ歯でした。
母親の話では、口をとじる事ができないくらいだったそうです。
母親自身も、歯並びにはずっとコンプレックスを持っていました。

そう言われてみると、昔から会話をする際や、
笑顔の時には、いつも手で歯を隠していました。
息子には同じ思いをしてほしくないと思い、
母親の意思で小学校2年生の時に矯正を始めました。

僕の場合はコンプレックス、悩みがあって
自発的に始めたというよりは、
母親に連れていかれて、知らぬうちに
矯正治療が始まっていました。

実際に矯正してどうだったか?

幼少期から始めていたので、
コンプレックスがあったとかではないのですが、
やって良かったと心から思います。

もし矯正をせずに、あのまま悪い歯並びと考えると、
僕も笑う事に対してコンプレックスを持っていたと思います。
矯正治療をしたおかげで、歯がきれいと言われる事も多く、
自信を持って歯を見せることができます。

僕が歯科医師になったきっかけも、矯正治療の素晴らしさを
子供なりに実感していたからです。
歯科医師になったからこそ、わかることなのですが、
矯正治療によって、歯並びが良くなれば、
普段の手入れ(歯ブラシなど)がしやすく、虫歯や歯周病に
かかりにくいのも、よい点だと思います。

矯正治療をさせてくれた母親には、感謝したいと思います。

矯正治療中の体調の変化

前述の通り、かなり小さい時期から矯正治療を始めていたので、
特に体調の変化は感じませんでした。
器具が入っているのが当たり前の状態だったので、
不自由もほとんど感じませんでした。

治療で歯に力をかけた時は、1~3日ほど咬みにくい時も
ありましたが、そんな大きな問題は感じませんでした。
顔を打った時は、ない時に比べると怪我をしやすかったと思います。

装置をつけた後の周囲の変化

同級生にも矯正治療を行っている人が数人いたので、
クラスの中で浮くこともありませんでした。
治療のゴムに色々なカラーがあり、
色を変えてファッション感覚で楽しんでいました。

これから矯正を始める人へ

矯正治療は費用、時間ともにかかってしまう治療になります。
しかし、結果にはそれ以上のものがあると思います。
今までコンプレックスを感じていたからは、
自信を持って笑顔になれると思います。
美しい笑顔は、とてもよい印象を与えます。

また見た目がよくなるのは、当然のこととして、
矯正治療をする事が歯を守る予防にもつながります。
矯正だけで歯を守れると考えると、
費用も意外と安いのではと思います。

勇気のいる治療かもしれませんが、一歩踏み出してしまえば、
想像より、装置の違和感や、痛みが少ないことが
わかると思います。
何か疑問点はあれば、矯正体験者として相談にのりますので、
お気軽にご相談ください。

クリップ
スタッフ
矯正を始めたきっかけ

歯科医院働くようになり、ずっと矯正したいなと
思ってはいたのですが、
なかなか、きっかけがありませんでした。
28歳の時、いつも歯のクリーニングをしてもらって、
お世話になっている、歯科衛生士の方が、
改めて、私に矯正を勧めてくれました。 
矯正をするにあたって、私が思っていることなどを、
すごく親身になって、
相談にのってくださったので、不安や心配事が解消され、
矯正をしよう、と決心しました。

実際に矯正してどうだったか?

矯正をしてよかった!!と心から思います。
以前は、口を手でかくして、笑ったりすることもありましたが、
今はそういうことも、気にすることもなく、自然に笑えます。

矯正が終わってから、周りの人から、顔の表情が変わったとか、
活発で元気な子に見えるようになったね、などと言われました。

矯正治療中の体調の変化

毎月の矯正日で、ワイヤーを交換して2、3日は、
歯が浮いたような感じで痛かったので、
その時は、うどん、おかゆなどよく食べていました。
でも、歯の痛みよりも、歯が動いていく嬉しさのほうが、
勝っていたので、全く苦痛ではなかったです。

装置を装着後、慣れるまでは、
食事の後に食べたものが装置の周りにつまって、
外食する時など、すごく気になりましたが、
1、2ヶ月くらいで、食べ方のコツがつかめてきて、
気にならなくなりました。

装置をつけた後の周囲の変化

上の歯は白色の器具をつけていたせいか、
自分が思っているよりも、周囲の人は、
違和感が無かったようで、それが一番意外でした。

私が矯正を始めてから、2人の友達が、
「私もやりたい」と言い、今もその二人は、
歯並びの変化に楽しみながら、矯正治療をしているようです。

これから矯正を始める人へ

矯正は、費用も期間もかかるので、
そう簡単には決められないとは思いますが、
私自身もそうですし、矯正をしてきた多くの患者様を見てきましたが、
皆さん、矯正をしてよかったと、言って下さっています。

毎月の矯正日に来られるお子様も、
「今日は何をするの?」「今日は、何色のゴムにしようかな?」
などと、来るのを楽しみにしてくれているようです。

また、矯正は子供の頃にしないとできない、と思われている、
成人の方もいらっしゃいますが、私自身、
28歳から32歳の間矯正治療をしていました。

32歳で、矯正治療が終わりましたが、まだまだ、
何十年も使っていかないといけない
歯なので、全然遅いとは思いませんでした。
できれば、小学生から始めたかったですが・・・

成人の方で、歯並びにコンプレックスがあるけど、
矯正を始める勇気がなかったり、
不安に思っている方が、いらっしゃると思いますが、
そういう方々が、矯正を始められるようなきっかけ作りが、
私自身できればいいなと、思っています。

ヨリタ歯科のスタッフも、矯正を経験しているメンバーが たくさんいます。

気になることなどあれば、どんなことでも、 お気軽にご相談くださいね。

クリップ
スタッフ
矯正を始めたきっかけ

小学生の高学年の時にクラスの子に、
「歯並び、きたないね」と言われ
親に言ったら、親も気になっていたらしく、
そのまま矯正歯科へ行きました。

実際に矯正してどうだったか?

小学生だったので、あまり覚えていませんが、
昔だったので、そこまで説明もなく、
けどキレイになるなら、という事で、
言われるがままに進んでいきました。

矯正治療中の体調の変化

ワイヤーをしめた日は歯が、少し当たっただけでも痛くて、
食事が大変でした。

装置をつけた後の周囲の変化

今から15年程前なので、周りに矯正をしている人が
一人もいなくて(田舎だったからか?)、
みんなに「何それ?」と聞かれましたが、
矯正器具をつけてる事で、嫌な事を言われたりは
なかったと思います。

上の歯は白色の器具をつけていたせいか、
自分が思っているよりも、周囲の人は、
違和感が無かったようで、それが一番意外でした。

私が矯正を始めてから、2人の友達が、
「私もやりたい」と言い、今もその二人は、
歯並びの変化に楽しみながら、矯正治療をしているようです。

これから矯正を始める人へ

今思えば、小学生の時にしておいてもらって両親に感謝しています、
口元も当時とは、全然違って、顔も違うと言われます。
歯の数は抜いた事もあり、普通の人より少ないですが、
ハブラシも当てやすく、矯正してからは、
大きなむし歯も出来た事はありません。
抜く事に抵抗がある人も、多いと思いますが、
口腔内の環境を良くして、良い状態で残っている歯を、
ケアしていく方が歯の寿命は長いと思います。

痛みも伴う治療ですが、終わった後は、絶対して良かったと、
思えると思います。

クリップ
スタッフ
矯正を始めたきっかけ

自分の歯並びが嫌で、親に相談したのがきっかけです。

実際に矯正してどうだったか?

だんだんと歯が動いていって、キレイになっていくのがとても楽しく、
うれしかったです。

針金が粘膜に当たったりして、痛い時もありました。
装置をはずした後、みんなから歯並びキレイだね、と言われることが
とても嬉しかったです。

矯正治療中の体調の変化

私の場合、あまり体調の変化はありませんでした。
もちろん矯正の後の一日は痛かったりしましたが、
普通にごはんも食べていました。
、スタート時の方が痛かったように思います。
痛みも慣れなのかな?と思います。

装置をつけた後の周囲の変化

はじめは、「ついたねー」って言われましたが、だんだんとなじんできたのか、
違和感もなくなったみたいです。

これから矯正を始める人へ

痛かったり、辛かったり、いいことばかりではないですが、
矯正装置が取れた後、絶対やってよかった!!と思えるはずです。
カラーゴムをしたり、色々と楽しみながら、矯正をしてもらったら嬉しいです。

クリップ
スタッフ
矯正を始めたきっかけ

高校1年生の時に乳歯の歯がかけたので、
歯科医院に行くと、右上の3番目の歯が
骨の中で、真横になって埋まっているのを知らされ、
「これは矯正をしないことには出せない」と
先生に言われたのが、始めたきっかけです。

また、反対側の3番目の歯が、やえ歯になっていて、
笑う時に、いつも唇がひっかかって
笑うときの自分の不自然な笑顔が、嫌という思いも重なり、
自らも矯正したいと思えるようになりました。

実際に矯正してどうだったか?

実際にやってみると、矯正するべき歯は、上の前歯だけではなく、
全体を見ると、奥歯も傾いていたり、
歯を抜かないといけないところもあり、思っていた以上に、
本格的に全体を触らないといけませんでした。

口の中に、いろんな器具をつけられるし、
家で、自分でゴムを付けないといけなかったりと、
しんどいことが多かったです。

でも、歯が動き始めたのを自分でも感じるようになってからは、
きれいな歯並びになって、きれいに笑ってる自分を想像して、
頑張ることができました。

矯正治療中の体調の変化

歯を動かし始めた時の痛みが強かったため、
今まで普通に食べていた白ごはんも、
痛くて食べれなかった時期がありました。
好きなものを好きな分だけ、気持ちよく食べれなかったのは
辛かったです。

装置をつけた後の周囲の変化

クラスでも周りに何人か矯正をしている子もいたので、
そんな違和感はなかったんだろうなと思います。

ただ、高校生になって矯正を始めて、高校の友達に
私が中学時代のプリクラを見せると、
「顔整形したん?」と冗談交じりで言われました。

それぐらい、顔つきが変わったんだろうなと感じました。
口元が変わるだけで、顔の表情や気持ちも明るくなったり、
自分の笑顔に前よりも自信がもてるようになり、
良いことづくしだなと感じました。

これから矯正を始める人へ

きっと、矯正をはじめようと思っても、
何年も自分の口の中に装置が入って、
歯磨きがやりにくくなったり、見た目のこととかを
先に気になってしまって、どうしても矯正をすることに対して、
最初は気持ちも前向きになれないかもしれません。

だけど、今こうやって、前に出ている歯が引っ込んで、
笑いやすくなるんやとか、矯正し終わった後の、
自分の口元を思い描いていると、前向きに取り組めます。

長い道のりにはなるけれど、
歯並びがきれいな方がおそうじもしやすいし、
虫歯になるリスクも低くなるし、
何より自分自身の笑顔に自分がもてるようになります!

矯正しようか迷われている方は
是非、思い切って始めてみてください。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-966-1128
診療時間 日/祝
9:30〜12:30

15:00〜19:00


14:30-17:00

休診日
日・祝日
© 2015 矯正歯科や歯列矯正ならヨリタ歯科・東大阪スマイル矯正歯科センター. All Right Reserved.